誰でもできる!?おっパいを大きくする方法

世の中の「巨乳ブーム」にシラケてるつもりでも
男性受けがいいのをみると、やっぱりウラヤマシイです。

 

そして気になるんです…友だちにも会社の部署でも
けっこういるんですよねー大きい人。

 

(最近多い気がするんですが気のせい〜?)

 

かといって、わたしも何かの商品を買ってまで
頑張ろうという気にはなれなかったアノ頃…。

 

いろいろ調べているうちにわかった
自然と巨乳になれる方法を見つけたんです!

 

これを実践して、今夜からあなたも
「育乳家」の仲間入りをしましょう!

 

 

 

あなたもできる!?自家製「育乳」のやり方

まずは知っておかなくちゃいけない事。

 

バストアップにはある一定の仕組みがあって
これを知らないと、計画が無駄になってしまいます。

 

ちょっと気にするだけでいいので
仕組みと方法が理解できたら、すぐに
今夜からでも始めてみましょう!

 

 

 

バストアップの仕組み

お胸の成長にはホルモンの働きが欠かせません。

 

女性の体調を整えるのがホルモンなら
つくるのもホルモンです!

 

特にバストを作っていくホルモンには
次の2つがあげられます。

 

  • 成長ホルモン
  • 女性ホルモン

 

この2つのホルモンが分泌されることが第1の条件です。

 

 

 

次に、その2つのホルモンが働きかける場所が重要です。

 

その場所というのが「乳腺」です。

 

この「乳腺」は授乳期にお乳を出すことで
子供を育てるのに大切な役割をしますが、
実はバストアップにも作用することが知られています。

 

 

 


「乳腺」という細胞組織が大きくなったり
増えたりすることで、豊かなバストをつくるので
この細胞組織の数にも注目したいです。

 

 

 

最後に、最近の研究で分かった
ある細胞組織が超重要な鍵を握っています。

 

 

 


それは「ラクトゲン受容体」です。
この細胞は先ほどあげた2つのホルモンと
乳腺からの刺激を受けて成長していく細胞で
乳腺と同じ様に増えたり大きくなったりします。

 

 

 

これらの3つの関係性がバストアップには欠かせない
一連の関係なのですが、ラクトゲン受容体が多いからといって
バストが大きくなるわけでもなく、乳腺もまた同じです。

 

では何がバストアップするきっかけになるかというと…

 

それには各ホルモンや細胞が順番よく作用する流れがポイントです。

 

 

 

バストが大きくなる順番

バストが大きくなるには次のとおり順番よく
それぞれの機能が働いてお互いに作用することが大事です。

 

バストアップするために必要な作用の順番

  1. 2つのホルモンが分泌される
  2. 乳腺が刺激される
  3. ラクトゲン受容体が刺激される

 

この順番がきちんと効率よく回ることで
次第にバストが大きくなっていきます。

 

 

 

ホルモンを分泌させるには?

最初にやるべき事は「2つのホルモン」を分泌させることです。

 

このホルモン。
実はたった1つのことをやるだけ自然と分泌してくれるので
そこに集中しさえすれば、無理する必要もありません。

 

そのたった一つの事とは…

 

 

 

適切な睡眠をとる

 

 

 

たったコレだけですw

 


2つのホルモンは寝始めの30分〜3時間以内
脳の視床下部というところから分泌されます。

 

このホルモンの分泌を上手くコントロールできるようになると
(健やかな睡眠がホルモンの分泌には欠かせない)
先ほど説明したバストアップ作用の順番サイクルが流れに乗って
自然なバストアップとなる事がわかっているんです。

 

たかが睡眠ですが
まさに「寝る子は育つ」!!!
これ、バストアップにもいえることなんですね!

 

>>> 「育乳家」の仲間入りをする